スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/02/04(土)大宅サタデースクール

こんにちは(*^^*)
久しぶりに活動報告します、教育リーダーのあやぱんです!


ちょっと聞いてほしいのですが、実はこの2月4日のサタスクのブログ書くの、今ので4回目なんです(:_;)
なぜかというと、3回とも投稿する直前で記事が消えてしまったからです…。

これだから機械音痴は嫌なんだ…(T_T)


ということで、今回こそ
ちゃんと投稿できますようにっ!!!!!!!!


それでは、報告開始~♪


今回のサタスクは「障害者体験」でした!

そして参加者はあしたかあやぱんイトキンおっくんかまさっちゃんたらちゃんひっぴーみずゆーみんの10人でした


内容は、「障害者体験」ということで、歩く触る車椅子の3つをしました!

DSC00541.jpg

歩く体験では2人1組になって、アイマスクをつける人とリードする人が交代で行いました。

まっすぐ歩いてみたり、階段を上ったり下りたり。

子どもたちからは、特に階段を下りるのが怖い!
という感想が聞こえてきました。

この体験で、目の不自由な人の気持ちが少しでもわかってもらえたなら嬉しいなと思います


触る体験も歩く体験と同様にして行いました。

みず特製の、粘土とスポンジで作ったご飯を食べました。(※実際には食べません!)

アイマスクをつけた状態では、どこにスプーンやフォークがあるかわかりません。
お茶碗がどこにあるかもわかりません。

この体験でも、目の不自由な人の大変さをわかってもらえたかなと思います。


車椅子体験では、2人1組になって、車椅子に乗る人と押す人が交代で行いました。


子どもたちは、車椅子に乗るのも触るのも初めての子が多かったようで、
みんな車椅子にとっても興味を示していました

小学校のスロープのある場所を使わせてもらい、障害者用のトイレがあるところまで行って、元の場所へ戻ってくるということを数回繰り返しました。


段差のあるところは、押すのが難しかったり、車椅子に乗っている人は少しの段差でも怖いということがわかったようです。

車椅子で障害者用のトイレに行ってみると、車椅子の人はどうやって一人でトイレに入るのだろう?という疑問が生じました。

みんなが当たり前のようにやっていることでも、身体の不自由な人にとっては難しいことが多いんだね(>_<)

CIMG1061.jpg

今回のサタスクは盛りだくさんの内容でしたが、子どもたちが楽しみながら少しだけでも障害をもった方の気持ちを理解してくれればいいなと思います。


車椅子を2台も借りてきて、さらに1人で駅まで運んできてくれたみずに感謝!!
準備もすごく大変だったので、本当に申し訳ないです…。


そろそろ、また記事が途中で消えるのが怖いので投稿しようと思います(>_<)
4度目の正直!!




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。