スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/17(日)東山アートスペース春イベント


こんにちは!
更新遅くなってしまい大変すみません;;
ブログ初担当させていただきます京女2回生のだんごです。
宜しくお願いします^^

今回は3月17日、東山アートスペース春イベントの活動報告です。
この日はピクニック日和~o(*⌒-⌒*)o
梅小路公園で”野染め”をしました!

参加メンバーは、あやぱん、みず、よっちん、リン、yui、だんごの6人。

まずは準備から・・・
みんなで協力して木から木へ布を張りました!
40メートルもある大きな布の登場にみなさんうきうき♪

さて、次は本番です!
みかん、でこポン、たまねぎ、お茶などの染料の中から
皆さん好きな色を選んで、思い存分筆を動かして楽しまれていました(^ω^)
たまねぎの皮からあんなにはっきりとしたオレンジ色が出来るんですね!!!
あんなに大きな布だったのにあっという間に白い部分がなくなって、
みなさんまだまだ!!と勢いいっぱい。


野染めを教えて下さる染色家の方はダジャレ大好き!
そしてそこへは参加者さんから鋭いツッコミが(^O^)/
・・・とても和んだ雰囲気の中活動でした*

お昼ご飯を食べて、いざ仕上げの作業へ!
最後にせっかく付けた色が落ちないように、しっかりと定着液を塗ります。
こちらも皆さん勢いがすごい!!!!!笑
参加者さんのパワーに驚きは隠せませんでしたが、
作業中は終始楽しいね~という笑顔や声が聞こえてきて
参加2回目の私もほっとしました^^
前回参加したときには、参加者さんとどう接すればいいのかと戸惑いました。
でもaileのメンバーが声をかけてくれたりサポートのおかげで
なんとなく参加者さんとの距離が近くなったように感じることができたのと同時に
自分が身構えずに接していたら、相手も自然と受け入れてくれるということを学びました。


最後になりましたが今回の全体目標である『わ』を大切にする!
イベントには保護者の方や一般の方まで多くの方が参加してくださったのですが、
準備から最後の作業までそれぞれが協力し合う姿勢が取れていたなととても感じました。
自然とみんなの『わ』ができていたように思いました。
終わりにはみんなで記念撮影もしましたね~^^♪



しばらく期間が空いてしまうので寂しいなあという声がたくさん上がっていました;;
次回は5月のお試しプログラムです★
どんな活動になるか楽しみですね!!!



スポンサーサイト

2013/03/16(土) 大宅サタデースクール

こんにちは^ ^
初のブログ担当させていただきます。京都大学、三回生もあと数日の命、ほむです(o^^o)


今回は閉校式!
というわけで、活動が最後の生徒達も多く、貴重な1日となりました。


参加メンバーは
あやぱん、あんず、さりぃ、J、しんちゃん、たーくん、はりぼー、ひっぴー、ひーちゃん、ほむ、まる、みず、ゆうちょ、よねちゃん、リン
体験•••尾崎さん、田中くん、福井さん
OB•••スエさん
の計19人でした。


来てみれば、いつも通り生徒みんなすごい元気で、最後とは思えないようなテンションでした。
大学生のみんなも、今日で閉校式という気持ちが大きかったのか、みんな気合が入っていたように思います。

まずみんなで、退職なさる先生へのメッセージを書きました。最初は自分勝手に遊び出す子もいたのですが、なんだかんだ、みんなしっかりと書きあげました。聞く時はしっかりと話を聞く、という重要な項目は最後まで大きな課題となっていましたが、今回の様子を見て、少しずつ良くなってきたのかなと思いました。

続いて、写真立ての製作を行いました。
女の子はこだわりがあって、装飾もすごい可愛い写真立てが多くできていました。驚いたのが、男のコもすごい独創的な作品をつくっていたりして、感心させられたことです。
人によっては時間内に装飾に間に合わないコもいましたが、完成形を見てみたいって思わせてくれるくらい想像を掻き立てるような作品を作っているコもいました*\(^o^)/*

自分の近くの生徒達はやんちゃなコが多かったので、終始目を話せませんでしたが、沢山の笑顔に囲まれて幸せでした(*^^*)
この子達が将来すごい成長するんやな…って思ったり。パワフルでチャレンジングなところは僕達も見習うべきところが沢山あるなと実感しました。聞く時はしっかりと話を聞くという項目があったように、どんなことでもしっかりとメリハリがついてこれば、きっと大きく成長するんだなと思いました。
毎度のように、活動を通して自分も沢山のことに気づかされ、学びます(*^^*)
気付かせたり、気付かされたり、そしてそれを共有したり、コミュニケーションってこうやってできていくものだと実感しました。

そして、退職なさる先生へ今までの感謝の気持ちを送り、最後は校長先生のお話で締めくくり、閉校式を無事終えました。
解散後の片付けでは最後の最後まで手伝ってくれる生徒さんが居て、本当に感心しました。もう、泣きそうでした(笑)
閉校式でしたが、本当にみんなで最後に良い思い出ができました(o^^o)


リフはどうしても出れなかったのですが、終わったあとの充実感をみんなで分かち合えた気がします。


閉校式ということでしたが、いつも通りみんなで楽しく終えることができたと思います。自分の中で、生きていてすごい大切だと思うのは、笑顔でした。人と人でつながり、共有して生きている僕達にとって、笑顔になれる場所や拠り所、友達や家族というのは本当に生きがいそのものだと思います。周りに笑顔がなくなったときに、真の笑顔に自分がなれるかどうかと問われると無理な話です。なので決して一方通行ではありません。だからこそ、生徒達は勿論のこと、みんなにこのつながりを大切にしてほしい、これからも元気で笑顔を見せてほしいと思いました。

勉強することも勿論大切だと思いますが、もっと大切なことはもっと目の前に転がっていると思います。サタスクを通して、このように学ぶ機会はすごく多かったと思います。

そして、ボランティア全体を通しても考えまさせられました。
障害を持つ者がそうでない者より不自由だって誰が決めるの?
富を得た者がそうでない者より満足しているって思っているの?
だからって楽しそうに笑ってるのか?笑顔で挨拶をするのか?夢に夢中になっているのか?
って考えた時に、やっぱりそうとは限らないってことに気付かされます。

小学四年生のみんなは、今回でこの活動は終わりになってしまいますが、サタデースクールでは一日一日が本当に貴重で、決して意味のないことはひとつもなかったと思います。みんなで多くのことを共有できた今回の活動もまた有意義な時間でした(*^^*)
閉校式らしく最後に感謝の気持ちを言葉にしたいです。


ありがとう





2013/03/23(土) 京ピカ-烏丸御池区域-

どーも!今回初めてブログを担当させていただく同志社大学一回のまーしーです(^^)/

さて今回は先日行われた京ピカ-烏丸御池区域-の活動報告です。

参加者は、りゅう・もっち・とんちゃん・イデリー・みのりん・ゆかぴ・みさみさ・がねーしゃ・じょーじ・みさっち・パチ・よっちん・みず・さゆ・まーしー・よこやん・ちぃちゃん・あやぱん・J・たーくん、そして体験として来てくれた宮地さんの計22名でした。(敬称略)

この日はかなり寒かったにもかかわらず、多くの参加者さんがきてくれました(^v^)

清掃場所は、主に烏丸御池駅周辺でした。
今回の地域は、一見すると綺麗に見えてあまりゴミが落ちていないようにみえましたが、草むらなどあまり目立たないところにたくさんのごみが落ちていて、結果として13kg程度(うる覚えですが)の量になりました。

今回は初めて来て下さった参加者さんも多かったのですが、みなさん気さくに声をかけてくだっさって、全体として和やかな雰囲気で行えたかと思えます。

個人的な反省点としては、参加者さんとのお話に夢中で他の参加者さんを孤立さしてしまうことが何度かありました((+_+)) 次回からはもっと周りを見れるようにしなければいけませんね…

次の活動は五条区域です!次回もたくさんの参加者さんが来てくれるといいですね♪





2013/03/02(土) 大宅サタデースクール

こんにちは~
1回生の時以来のブログ担当にさせられた、りゅうです。笑

昨日は僕にとって最後の大宅サタデースクールであり、
aileでの最後の活動でした。

参加した大学生は、まいまい、よっちん、ゆかぴ、たーくん、ゆりちゃん、みず、みさみさ、くっちー、よねちゃん、りゅう、そして初参加のハリボー、ほむ、がねーしゃ、さゆ計14人でした。

今回は調理実習ということで
お好み焼き白玉フルーツポンチを作りました。

担当のゆかぴとよっちんは学校に到着して準備時間もあまりなかったのですが、他のメンバーと協力しながら間に合わせてくれました。

班ごとにテーブルにつき調理開始~♪
小学生はみんなで調理を分担し、長いもをすったり、キャベツ・油揚げを細かくちぎっていました。
それに干しエビもまぜて豚肉と一緒に焼きました。
焼く作業と並行に白玉フルーツポンチも作りました。
自分の班はほとんどの子が水を加えすぎて、玉にはならずドロドロの液体になってしまいました。。。
ちなみにキャベツも大きいままで焼きました。。。(絆創膏より一回りくらい大きいのもありました)

それぞれ器によそって食べました。見た目は良いとは言えませがここで小学生の一人が、
『見た目は関係ない。うまかったらええねん!』となんか格好良くいいました。僕もそういう考えをもつ時があるのでまぁいいかと思い、その通りや!と言ってしまいました。
けど、みんな「おいしい!」と言ってくれたのでよかったです(*^^)v

そして今回サタスクに参加してきて良かったなと思う出来事がありました。サタスクで一回生の時からモヤっとしてたことがあって、けどどうしても自分にはできんくてもぉ9割諦めていたことなんで、忘れていたくらいのことがやっと最終回に克服できました。
リフ紙に予定通りいかなかったことや限界を感じることがありましたか?の質問がありますが、そこで小学生がうるさくてどうしたらいいの?とか時間配分ができなかったとかいろいろ出てくる中、僕が一回の時から忘れられない課題が、「小学生がすねて活動に参加してくれない」ということです。当時なっちゃんというお母さん的存在の方がいたのでその方に任せっきりにしていた部分や、自分は怒ったり厳しく言ったりできるタイプではないというのもあり今思えばずっと逃げていたんだなと思いました。そして今回たまたまそういう小学生がいてどうすればいいのだろう?と思っていたが、それと同時に身体が勝手に小学生の方へと動いていて声をかけていました。今回は調理実習ということでその小学生はお好み焼きもフルーツポンチもいらない!お腹いっぱい!といい(絶対ウソやん!)と思いながら「みんなで一緒に作ったんやから食べよ~」と何回も誘っていたら、「ほな、一口だけな」と言って食べてくれました。そこで少し放っておいたら「もう一枚食べていい?」と笑顔で言ってきて、この時僕はどこかモヤっとしてた気持ちがスッと消えていきました。最近またサタスクに行くようになって子供への対応が以前とは違い、スムーズというかなんと言うたらええのか難しいですが、壁みたいなものがなくなっていました。それは自分の中にゆとりができたのかわかりませんが・・・何か心地いいものがありました。
それが今回みたいな非常に小さいことですが四年間の自分の中での成長と捉えたいです。

テレビ見ながらやって気が付いたらこんばんは~やな。
長々と感想文書いてすいません。日本語間違いはあんまり気にしないでだいたいで読み取ってください。
ただ最後リフでも言うたけど最後3人でやれてよかった♪
これを言うたら泣く人がいるけど、良い思い出やし言うときます。

次回は閉校式!
みんなで良い思い出を作ってください♪

テーマ : ボランティア活動 - ジャンル : 福祉・ボランティア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。